2010/11/03

第11回寄席発祥の地の落語会開催決定!

秋も深まって参りました!如何お過ごしでしょうか?

さて、お蔭さまを持ちまして“第11回寄席発祥の地の落語会”を開催させて戴く運びと成りました!
今回のご出演は、柳亭小燕枝師匠。
江戸前、本寸法の落語をお楽しみ下さい!
また、これまで前座として何度もご出演戴きました柳家小んぶさんが、今年九月、晴れて二つ目に昇進されました。今回は二つ目としての里帰り口演です!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/_/第11回寄席発祥の地の落語会_/_/_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/日時_/_/平成22年11月13日(土)
_/_/会場_/_/寄席発祥の地 下谷神社会館
_/_/開場_/_/午後6時
_/_/開演_/_/午後6時30分
_/_/入場料_/前売1,500円、当日1,800円
_/_/出演_/_/柳亭小燕枝(二席)、柳家小んぶ、柳家さん市

_/_/主催_/_/したや咄の会
_/_/協賛_/_/下谷神社

_/_/問い合わせ_/_/したや咄の会(代表/いわた乃隠居)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/電話_/_/080-3256-1620
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/メール_/sitaya874nokai@yahoo.co.jp

宜しくお願い致します!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/08/01

東京マラソン2011

東京マラソン2011のエントリーを済ませました!
東京マラソンはエントリー順ではなく、総てのエントリーを受け付けた後に抽選が行われて出場者が決まりますので、実際に来年2月の大会で走ることが出来るのか如何かは、その抽選を待たなければ成りません!
実際、2007年の第1回の東京マラソン以降、2008年、2009年、そして2010年と、3年連続落選中です!

東京マラソンは、私が初めてフルマラソンを走った思いで深い大会です!
そして普段仕事をし、生活をしている地元を走ることの出来る、謂わば「わが町を走る」極めて身近な大会です!
来年は何としても走りたいものです!!

4年連続落選、なんて云うのは無いですよね~!
オリンピックだって、4年に1度は有るんですから~!
頑張れ!私の籤運!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/19

塩?それとも天汁?~その計算された相性!

先日、と言ってももう数ヶ月前に成りますが、地元で「美味しい!」と評判の天麩羅やさんに行って来ました。

「天麩羅は塩で食べるのが美味しい!」

食通ぶってそんなことを考えていましたが、そんな先入観を払拭させてくれる天麩羅に出会いました!
食べる時の仕上がり、食べ手が口に入れた時の状態まで計算された天麩羅屋さんの天麩羅は、天汁との相性が頗る秀逸で、味に深みと奥行きを与え、素材の味を見事に引き出しておりました!
改めて、天麩羅に天汁を併せることの意義を思いました!

いや、素晴らしい!
また行きたいな~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/10

林家正蔵師来演決定!~第10回寄席発祥の地の落語会~

お蔭さまで、寄席発祥の地の落語会も第10回を迎えることが出来ました!
今回は第10回を記念して、人気者・九代林家正蔵師匠にご出演戴きます!
楽しい落語会に成りそうです!
みなさまのご来場をお待ちしております!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/_/第10回寄席発祥の地の落語会_/_/_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/日時_/_/平成22年6月26日(土)
_/_/会場_/_/寄席発祥の地 下谷神社会館
_/_/開場_/_/午後6時
_/_/開演_/_/午後6時30分
_/_/入場料_/前売1,500円、当日1,800円
_/_/出演_/_/林家正蔵(二席)、林家たこ平、林家まめ平

_/_/主催_/_/したや咄の会
_/_/協賛_/_/下谷神社

_/_/問い合わせ_/_/したや咄の会(代表/いわた乃隠居)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/電話_/_/080-3256-1620
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/メール_/sitaya874nokai@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/11

第8回「一葉桜まつり」江戸吉原おいらん道中

100410


昨年、家内が手古舞として参加させて戴いた「一葉桜まつり」の「江戸吉原おいらん道中」。
家内は今年も手古舞として参加させて戴きましたが、今年は何と!私も「傘持ち役」として参加させて戴きました!

「おいらん道中が観衆魅了 浅草で一葉桜まつり」(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100410/tky1004102206003-n1.htm

こちらには私の写真もチラッと写っています。
浅草の「おいらん道中」(AFPBB News)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2717436/5594122

熱心に稽古を重ねる女性陣と異なり、我々男衆は殆どぶっつけ本番。
「これで良いのか?」、「こうする方が良いかな」等と試行錯誤。戸惑いながらの道中でした。
漸く「感じ」が掴めた頃にはメインステージ前に(無事?)到着。
些か不完全燃焼気味です。
もう一寸道中したかったな~!

沿道には溢れる程のお客さまにお越し戴きましたが、風に煽られる傘を扱うのに精一杯で、緊張をする暇も無ければ、声援を愉しむ余裕もありませんでした。
傘で花魁を叩くようなことがあれば台無しですからね!(笑)

普段はラフに着てしまう着物や浴衣ですが、今回は「衣装」ですから専門家がぎゅうぎゅうに締めて着付け、要所要所を糸で留めると云う念の入れよう。
こう云うビシッとした着方も偶には好いですね!
また着物も着たいな~!

指導して下さった「先生方」は、以前、吉原の松葉屋さんで花魁道中を担当しておられた方とかで、当時のお話や花魁道中の仕来り、一寸した約束事など、色々と興味深い話を伺うことが出来ました。
いや、勉強に成りました!

今回は縁有って中々貴重な経験をさせて戴きました!
また機会が有れば挑戦してみたいですね!

ご来場戴いたみなさま!
ご指導くださった先生方!
有難うございました!

参加されたみなさま!
お手伝いくださったみなさま!
お疲れさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/09

三浦国際市民マラソン

「この確定申告真っ盛りの時期にレースに出て、怪我でもしたらお客さまに迷惑を掛けるじゃないか!」

友人の公認会計士のそんな忠告も省みず、“第28回三浦国際市民マラソン”に参加して来ました!
このマラソン大会は原則として毎年3月の第1日曜日に開催されています!
従って毎年確定申告の真っ最中に開催される訳ですが、以前会計監査でお邪魔していたお客さんのグループ法人が大会に協力しているご縁で、昨年から参加させて戴いています!

天気は昨年同様・・・!
昨年は横殴りの雨が肌を刺して痛い位でしたが、今年はそれ以上!
場所によっては向かい風が可成きつく、レース後には差していたビニール傘も「骨は骨、ビニールはビニール。バラバラに成って役に立ちません」(by金明竹)状態に成ってしまいました!
いや、今年も寒かった~!

昨年はハーフマラソンに参加したのですが、今年は2週間前に青梅マラソン30km、前週に東京マラソンのフルマラソンに参加予定の為、10kmにエントリー!
結局、東京マラソンは3年連続で抽選に漏れてしまった為、3週連続レース参加の無謀な計画は、実現を見ませんでした!残念!?

などと格好を付けたところで、1月の千葉マリンマラソンは風邪で棄権!
先々週の青梅マラソンは足が攣って25km関門でタイムオーバー!
今年、平成22年は未だレースで結果を残していません!
この三浦国際市民マラソンの目標は、まず、結果(=完走)を残すこと!
そして、スピードを意識して60分を切ること!
最低でもこの二つの目標を達成しないことには、如何しても自分で自分に納得が行きません!

距離が10kmと云うこともあり、最初から気合を入れて飛ばして行きました!
今の私には1km6分を若干切るペースが精一杯!
懸命にペースを刻んで行きますが、4km付近の600mで40m程登る「小浜の坂」ではペースも落ち、気持ちも折れ掛けました!
それでも「勝負する気持ち」は最後まで失わず、何とかペースを刻み続けることができました!
惜しむらくは、残り1kmの地点でラストスパートを掛けたのですが足が付いて行かず、最後の200m程でスピードが落ちてしまったこと!
まだまだですね~!

結果はグロス1時間00分22秒、ネットで58分16秒!
今の私ではこれが精一杯!寧ろ、上出来かもしれません!
最後まで勝負為続けられたと云う達成感、充足感は、次への自信と成りました!

レース後は、大会の協力をされている件の会社の方々の打ち上げにご一緒させて戴いて、楽しい時間を過ごさせて戴きました!
仕事を通じ、また、マラソンを通じて多くの方との“ご縁”を結ばせて戴けると云うのは嬉しいことですね!
来年の開催予定は平成23年3月6日(日)!
また是非、参加させて戴きます!!


次のレースは4月4日(日)の“第2回四万十川桜マラソン”フルマラソン!
納得の行くレースができるよう頑張ります!

さ!練習しなきゃ!p(^-^)q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/03

“安心”と”安全”

“築地市場の移転問題”が盛り上がっています。

朝日新聞「築地市場移転、都知事VS民主 予算案の用地費で応酬へ」

ネット上でアンケート調査(「築地市場は移転すべきか=PJニュース世論調査」)も行われており、興味深い状況です。

東京都側は仕切りに移転先である豊洲の“安全性”を強調しています。
他方、移転反対派は“食の安全”を重視しています。
両者の主張は平行線を辿り、収斂の方向性を見せていません。

実は、それは極当然の結果なんです。
何故ならば、同じ“築地市場の移転問題”を、「異なる判断基準」で議論しているからです。

都の主張する“安全性”と反対派の主張する“食の安全性”
どちらも“安全性”と云う言葉を使っているので判り辛いのですが、両社は全く異なる価値基準です。
“食の安全性”は、“安心”と云う言葉に置き換えると解りやすいでしょう。

“安心”“安全”
両者は同じような意味で使われることも多く、その意味の違いに気付いておられない方も多いかもしれません。
しかし、意味するところは大きく違います。

「“安全”は客観的な判断基準」です。
「ベンゼンであれば検液1につき0.01mg以下であること」と云うような「環境基準」を定め、「数値的」に「安全か」、「安全ではないか」を区分することができます。
「安全基準を定め、それに遵っていますから安全です」とは良く聞く科白です。
しかし、其処に在るものは「供給側(サプライサイド)の一方的な主張」です。

他方、“安心”は「ユーザーサイドの主観」です。
「感覚」「感情」と言った方が解り易いかも知れません。
どんなに数値基準で、或いは客観的に「安全です!」と主張されても、ユーザーが「安心だ!」と「感じ」なければ「“安心”は保たれない」のです。

“安心”を問題としているのか、それとも“安全”を問題としているのか。
其処をきちんと抑えて話をしなければ、議論は決して収束しません。

「“安全”なのだから“安心”しろ」と言われて、「成る程!」と即、納得することができないのが、人の心、人情と云うものでしょう。
この点を見落としている人達の如何に多いことでしょうか。
ビジネスの局面に於いても、行政の政策に於いても、そのことを忘れていては何事も成り立ちません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/23

情けない!

「青梅の山には魔物が棲んでいる!」

いえ、唯の言い訳です・・・。

昨年、残り数百メートルのところで制限時間と成り、完走出来なかったことの雪辱戦!
何としても完走をしたかったのですが・・・、残念です!

今の状態でも、何とか1km=>6分30秒で押し切れると思っていたんですが、21km付近の登り坂で足が止まりました!
そして22km付近で、大腿四頭筋(内側広筋?)が攣りました!
立ち止まって屈伸をし、歩き始める。
数メートル歩くとまた攣って立ち止まり、屈伸をする。
暫くはその繰り返しでした。
ただ救いは、「このまま諦めたくない!」と云う気持ちだけはしっかりと残っていたことでした!

「このまま諦めたくない!」
屈伸をして歩き始める。
不自然な格好ながら走り始める。
また攣って立ち止まり、屈伸をする。

何度か繰り返す内に、段々と足が楽に成って来ました。
走れる!
嬉しい!
また走り出します!

しかし、既に制限時間内にゴールすることは難しい時間と成っていました。
兎に角、行ける所まで走ろう!

24kmを過ぎます。
足がドンドン軽く成って来ました!
気力も充実しています!
この調子なら後6kmは走り切れるけどな~。
複雑な思いで走り続け、25km地点に到ります。
関門は既に閉じられ、そこで待っていたのは計測用リグを回収する係員と、都バス・西東京バスなどの「収容車」でした。
産まれて初めて乗る「収容車」。
無念です・・・。

結局、自分の実力不足、練習不足以外の何物でもありません。
しっかりと練習を積み、キチンと結果を残している友人、知人のランナーたち。
そんな彼ら、彼女らのことを考えると、不甲斐無く、恥ずかしい限りです・・・。
反省・・・。

「二度有ることは三度有る」か、或いは「三度目の正直」か。
完走の夢は来年に持越しです!
良い目標が出来ました!

まずは2週間後の三浦国際市民マラソン10km。
そして一月半後の四万十川桜マラソン42.195kmです!
頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/16

今年最初のレース、“青梅マラソン”!

今週末は“青梅マラソン”です!
昨年初めて参加しましたが、2月下旬だと云うのに気温が14度まで上がり、初めて熱中症を経験。
ゴールまで数百メートルの所で時間制限に引っ掛かり、これまた初めての途中棄権を経験した思い出の大会です。

今年は練習を積んで万全の体制で臨み、昨年の雪辱を果たす!
そんな気持ちで居たんですが・・・、相変わらず練習不足です!(_ _ ;)
1月中旬に引いた風邪、あの千葉マリンマラソンを棄権することに成った風邪が抜け切れず、未だに鼻水と咳に悩まされています。
いえ、鼻水と咳以外は体力も恢復しており、気力も充実、「走りたい!」と云う気持ちで一杯なんですが、齢の所為か「風邪を拗らせると拙い・・・」と、妙に弱気に成ってしまって・・・。

でも、“ナンバーカード引換書”を見ると気合が入りますね!
今年も制限時間との戦いに成りそうですが、今年こそ完走し、好評の“フィニッシャーケータイストラップ”をGet!しなければ!(笑)

千葉マリンマラソンを棄権した為に、今年最初のレースがこの“青梅マラソン”です!
納得の行く走りが出来るよう、頑張ります!p(^-^)q

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/11

菅野 猛 個展「喰わず芋」

友人が個展を開きます!

菅野猛(かんのたけし)氏。
通称“かんちゃん”!

かんちゃんとは、ある噺家さんの落語会を通じて知り合いました。
黒のレザーファッションにシルバーの装飾品、サングラスに坊主頭と云う彼の風貌は、端の内は些か近寄り難い雰囲気を醸し出しておりました。
しかし、サングラスを外した時の優しい目の輝きと細やかな気遣い。
かんちゃんと話をし、かんちゃんと云う人間を知れば知るほど、そのギャップに驚かされたものでした。

かんちゃんが何かシルバーを使った彫刻、アクセサリーの制作を生業にしていることは何となく知っていました。
実際、自分の作品を身に付けていることもあり、幾つかの不思議な作品を目にすることもありました。

しかし、彼がどのような作品を作っているのか、如何云う仕事をしているのか、それが大きな謎でした。


今度、そんなかんちゃんの個展が開催されます。
楽しみです!

不思議な作品と空間が楽しめそうです!
みなさんも宜しければ是非!


菅野 猛 個展「喰わず芋」
会期:2010年2月19日(金)~28日(日)
会場:Gallery ef/ギャラリー・エフ
住所:東京都台東区雷門2-19-18
時間:12:00~20:00(28日17:00/火曜休)
TEL:03-3841-0442

オープニングパーティー
2010年2月18日(木)19:00〜21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新年の初っ端は「棄権」から・・・(- -;)